大会案内


大会案内 | 注意事項・お問合せ先


大会案内


新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、今年度大会は対面/オンライン併用で開催いたします。
なお、今後の感染状況によりましては、全面オンラインとなる場合もあります。HPで最新情報をご確認下さい。


2022年度(令和4年度) 大会案内
期  日 令和4年5月21日(土)、22日(日)、23日(月)
会  場 信州大学教育学部(長野(教育)キャンパス)
長野県長野市西長野六のロ(カタカナの「ロ」です。)
※信州大学は市内に複数のキャンパスがありますので、お間違えのないようご注意下さい。
北陸新幹線・しなの鉄道長野駅下車、善光寺口よりバス10分「信大教育学部前」下車。
日  程 ※当日の進行により、時間が前後する場合があります。
― 21日(土) ―
理事会 (午後0時30分~1時30分)
講演会 (午後2時~4時30分)

学会挨拶 大会運営校挨拶 契沖『万葉代匠記』の解釈学をめぐって 和漢比較研究の小径(ささやかなあゆみ)
上代文学会賞贈呈式 午後4時30分~4時40分
総会 午後4時40分~5時30分
―22日(日)―
研究発表会 午前10時~午後4時30分
《午前の部》(午前10時~)
「たまゆら」の変容――万葉歌享受の視点から――
『日本霊異記』の伝と賛――氏族の伝と大安寺の「碑文」体の伝――
―休 憩―

《午後の部》(午後1時~)
『萬葉集』巻一における宇智野遊猟歌――天皇の狩と歌の機能をめぐって――
萬葉集巻十三は替え歌歌集か――類歌性や無名性、歌の接合などから――

―休 憩―(午後2時40分~2時50分)

奇妙な注記とどう付き合うか――『万葉集』をテキストとして読むために
―23日(月)―
臨地研修 ※特にご案内は致しません。

◇懇親会
今年は、懇親会は実施致しません。日曜の昼食の手配も行いませんのでご注意下さい。
◇参加申込
・次からお申込み下さい。例年は大会参加費をいただいておりますが、
今年度はハイブリッド型の開催形式であることから参加費の徴収を行わないことに致しました。
   https://forms.gle/wkdFwYRkzXgRjS2r7

◇令和4年度上代文学会大会オンライン書籍案内
大会の対面/オンラインの併用開催に伴い、例年の出版社による出店と併せて オンライン の書籍案内を 5 月 31日までの期間限定で実施致します。 会場での出店と併せまして、この機会に是非、各出版社名のアイコンをクリックして ご利用下さいますようご案内致します。 書籍購入の方法につきましては、各出版社にお尋ね下さい。 なお、オンラインのみのご案内となる出版社(新典社・漢字情報システム・文学通信)もあります。

花鳥社

塙書房

汲古書院

新典社

漢字情報システム

文学通信

大会研究発表要旨
「たまゆら」の変容――万葉歌享受の視点から――

『万葉集』の言葉がどのように享受されてきたかという問題を考える上で、「たまゆら」は極めて興味深い言葉である。というのも、この言葉は平安期に『万葉集』の「玉響」(11・二三九一)を「たまゆらに」と訓読したことが由来とされ、王朝和歌の世界で享受されていくのだが、その一方で、「たまゆらに」自体も、種々の疑念は持たれつつも、現代の『万葉集』研究において「玉(タマ)響(カギル)」が提唱されるまで、「玉響」訓読の一つとしての存在感を維持し続けたからである。
 さて、平安期の「玉(たま)響(ゆらに)」訓読には玉や金属が触れあって鳴る音を表す「ゆら」との関連が考えられている。ところが、中古・中世の歌学書の「たまゆら」注釈にこのような事柄は全く見出せず、その代わりに「しばし」を主としつつも「久し」「しげし」「わくらば」「まれなり」といった意味が認められる。また、近世の『万葉集』注釈書では『日本書紀』の「手(た)玉(だまも)玲瓏(もゆらに)」「瓊響(ぬなとも)瑲瑲(もゆらに)」を示しつつ「たまゆらに」が玉の鳴る音を表すとした上で、その音がかすかであることから「しばし」の意味が生じたと説明する。
 以上の事柄は先行研究の指摘するところであり、「たまゆら」には二つの転機が存在するのだが、この実態の内実に言及する先行研究は見出せていない。けれども、最初の転機は「たまゆら」が『万葉集』訓読から王朝和歌の歌語へと展開していく契機であり、次の転機は「玉(たま)響(ゆらに)」が上代の『万葉集』訓読として認められていく契機と考えられ、双方の転機とも「たまゆら」が二つの性質を持つに至った重要な事柄であったはずである。 
 そこで、平安期における「玉(たま)響(ゆらに)」訓読の意図を再確認した上で、「たまゆら」に見出せる二つの転機を考察すると、前者には仮名書きの万葉歌の影響が、後者には「玉(たま)響(ゆらに)」に上代文献との関連を見出しつつも中古・中世の「たまゆら」の意味を否定しなかった実情が見えてくる。つまり、「たまゆら」の展開には各々の時代の万葉歌享受が影響しているのだが、その実態は「たまゆら」の意味が明らかになっていったというよりも、その意味が付加されていく過程であったと考えられるのである。



『日本霊異記』の伝と賛――氏族の伝と大安寺の「碑文」体の伝――

『日本霊異記』の「賛」十五例は、従来、「説話末尾に付された結語の一形態」と解されてきた。その本質は、漢文伝の「賛」なのではないか。
 日本古代の「伝」は七世紀中葉から八世紀末、氏族内部で成立した「墓誌」「墓碑」に発祥するが、「墓碑」が碑石に刻まれ、墓の傍らに建てられたという確証は得られない。
 これに対して、氏族を離れた出家者集団「寺院」では、従来の「墓誌」「墓碑」の形式とは異なる中国の「碑文」体の「伝」が、渡来僧の遷化を機に成立した。大安寺では、渡来僧道璿・菩提僊那が遷化した天平宝字四年(七六〇)以降の約十五年間に三つの「碑文」が成立する。①「天平宝字年中(七五七~七六五)」在俗弟子の吉備真備撰『道璿和上伝纂』佚文(最澄撰『内証仏法相承血脈譜』所引)に「自余行迹、具載碑文。其前序云」と引く道璿の「前序」を伴う「碑文」、②神護景雲四年(七七〇)弟子修栄撰『南天竺婆羅門僧正碑并序』、③宝亀六年(七七五)淡海三船撰『大安寺碑文』である。このうち、②は菩提遷那の「影像」「形像」に対する「像賛」六篇と長文の「序」から成る。「碑文」体の「伝」とは、「肖像」に対する「賛」を本文とし、その「序」が長文の「伝」であった。淡海三船撰の鑑真伝『唐大和上東征伝』巻末詩群も、伝末尾に付載された「賛」と解されよう。
 この伝統は、空海の帰朝に際して、師の恵果が曼荼羅とともに宮廷絵師に制作させた大同元年(八〇六)空海将来「真言五祖師画像」と空海撰「碑文」を経て、天長五年(八二八)空海撰『故僧正勤操大徳影讃并序』に受け継がれた。勤操没後約一年を経て、勤操の檀像の完成を機に、大安寺の弟子僧の依頼による「序」「偈」から成る「碑文」体である。
 後藤昭雄氏は平安朝漢詩文の「讃の文学」の系譜を指摘し、『勤操讃』を空海撰の高僧の碑文・讃文の先蹤とされた。しかし、その伝統は夙く八世紀後半の大安寺の「碑文」体の高僧伝にさかのぼる。その同時代に成立した『日本霊異記』の「賛」について、「伝」の「賛」という観点から検討を加える。


『萬葉集』巻一における宇智野遊猟歌――天皇の狩と歌の機能をめぐって――

本発表は、舒明天皇の内野(宇智野)遊猟時に中皇命が間人連老を使者として献上した歌とされる『萬葉集』巻一収載の三・四番歌を考察の対象とする。
 当該歌に関するかつての研究においては、題詞に「御歌」ではなく「歌」と記される作者を誰と考えるか、天皇の狩場である宇智野と歌の詠まれた場所との位置関係をどう捉えるか、「中弭」とは何か、またその音は獲物を射る音なのか鳴弦の音なのか、あるいはその狩は薬猟のために行われたものであったのか否か、などの歌の歌われた状況や実態にかかわる諸問題に関する議論が積み重ねられてきた。こうした議論は、初期万葉の時代における歌の共有の機能、当該歌の持つ予祝的性質や弓の呪的性質、そしてまた、歌の歌われる場のありようなどの解明に寄与し、一定の成果を上げてきたと言える。
 しかし、われわれに現前しているのは、梶川信行の一連の研究が指摘するように、八世紀のテキストたる『萬葉集』の上に定位せられたものであり、八世紀の視座から捉えられた《初期万葉》の歌であるということは、当該歌を理解する上で欠かすことのできない点であろう。
 そこで本発表では、『萬葉集』の巻一というテキストにおいて、当該歌が編纂当時にとっての「近代」の初発たる舒明朝のものとして置かれていること、そして、それが儀礼のただ中にある天皇自らを詠歌主体とする国見の歌とあわせて配されていることを手掛かりに、国見とともに語られる天皇の遊猟が、当時にあってはいかなる意義を持つのかという点を確認した上で、その天皇の遊猟をその場にはいない詠歌主体が「なり(聴受)」・「らし(根拠のある推定)」を用いながら感受するという歌を献上することが、いかなる機能を持つのかということを論じ、それが『萬葉集』が措定する「近代」の初めの天皇の御代として持つ意味を提示することとしたい。


萬葉集巻十三は替え歌歌集か――類歌性や無名性、歌の接合などから――

集中最多の長歌を収める『萬葉集』巻十三は、賀茂真淵『萬葉考』以来、この巻が古態を留めるか否かを中心に論じられてきた。近代以降では五味保義「万葉集巻十三考」(『国語国文の研究』二二、昭三・六)が「巻十三の長歌は謡ひものから創作へうつる過渡期の姿…(中略)…巻全体として歌の伝来の古さを思ふ」として、対句などの修辞上の特徴や、長歌結末句の破調、また問答体などの歌謡形式などから記紀歌謡に通じる「極めて古い」質を認め、遠藤宏「長歌考――万葉後期の成立と思われるものについて」(『古代和歌の基層』平三、笠間書院)も「古態を示す要素」として、①反歌を伴わない、②末尾形式の不整理、③不整音句の多さ、④句数の少ない長歌、⑤記紀歌謡との発想の類似及び類歌・類句関係を指摘している。但し五味論でも、それが「伝来の古さ」とされることに注意を要しよう。五味は「反歌がその本歌たる長歌の作者と、同一手に出ないものがある。所謂「後人」の附加がある」とも述べ、遠藤も巻全体としては第三期以降の営為とみられると述べている。近年巻十三について精力的に論文を発表する垣見修司も、「巻十三の歌は、いわば古さと新しさの間で揺れ動いてきた」と研究史を総括する(「『萬葉集』巻十三の編纂」(『国文学』九二、平二〇・三、『万葉集巻十三の長歌文芸』令三、和泉書院所収))。先行研究が後人の「附加」(五味)や古伝の長歌の「仕立て直し」(大久間喜一郎)、「擬古の文芸」(上野誠)などと評価してきたこの巻の「古さと新しさ」を、本発表では「替え歌」と捉え返してみたい。こう考えることで古さと新しさが重なっている点だけでなく、巻十三長歌に特徴的な類歌性や作者の無名性、また何首もの歌が一首に接合される現象などが説明可能になると思われるのだ。発表者にはかつて研究ノートという形式で「替え歌歌集としての萬葉集巻十三」(『滝川国文』三二、平二八・三)があるが、本発表ではこのノートを土台に置きながら、なお新しい知見をそこに付け加えてゆきたい。


奇妙な注記とどう付き合うか――『万葉集』をテキストとして読むために

『万葉集』の歌の左注や題詞下注には、なまじそれがあるせいで歌の理解が渋滞をきた すような記載が散見する。なんのつもりで記したのかおよそ腑に落ちないようなものさえ ある。こうした不可解な、あるいは不得要領な注記は、従来、編纂の特殊な経緯の痕跡と 見なされて、それらを手がかりに詠作の場や原資料の状態などが推測されてきた。 この種の推測は、しかし、現存する物事から現存しない物事へ向かう作業だから、完全 な確実さに到達することはまず期待できない。つまり、元はこうだったろうと推測される 場合でも、そうでなかった可能性を払拭しきれない――編纂論ないし成立論にとって、これはどこまでも付きまとうもどかしさだと思われる。 従来のとは違う付き合い方を提案しよう。題詞や左注を歌本文に対する側(パラ)テキスト(paratexte)と捉え、それらのもたらす情報をテキスト理解に繰り込むのだ。従来も時に は試みられていたこの手法を徹底するとき、上記の不可解さ/不得要領さ自体が歌や歌群 の理解を側面から膨らませてくれる場合がある。しかもこれは、現存する物事を現存する ままに把握する道だから、うまく運べば膝を打つような明快さが手に入る。 奇妙な記載に出くわしたとき、読者はどう反応するだろうか。元の状態を穿鑿したがる のは一部の学者だけで、まずはその奇妙さ自体を見とがめるのがまともな反応だろう。読 者が注意深い人なら、見とがめた記載を前後の脈絡と照合して、なんらかの意味を引き出 そうとするかもしれない。私はすでに、巻四・五三〇の左注「右今案此歌擬古之作也但 以時當便賜斯歌歟」と巻六・九五四の左注「右作歌之年月不審也但以歌類便載此次」に ついて、行間を読み込むよう読者を誘導する仕掛けと見る案を提示した。この発表では、 巻三・三一五の題詞下注「未逕奏上歌」、巻三・四四〇の左注「右二首臨近向京之時作歌」、 および巻六・一〇三一の左注「右案此歌者不有此行之作乎所以然言勅大夫従河口行宮還 京勿令従駕焉何有詠思泥埼作歌哉」にも同じ見方が当てはまることを示したい違いない。





注意事項 ・ お問合せ先


 【お問合せ】上代文学会事務局
 〒112-8681 東京都文京区目白台2-8-1
 日本女子大学文学部日本文学科田中大士研究室内
 上代文学会事務局
 Eメール jimukyoku@jodaibungakukai.org

 ※2021・2022年度(2022年3月31日迄)


【ページの初めに戻る】